Kaisei World News

Hello, world!

【翻訳記事】ベトナム GDP成長率アジア圏で首位

記事:ダット・グェン 2022年9月27日|午後4時4分(ハノイ

2021年7月、北部バックジャン省でライチを収穫する農家(写真:VnExpress/ゴック・タイン)

 

世界銀行によると、ベトナムの今年の成長率は7.2%でアジア太平洋地域の経済主要国の中で首位になる見込みである一方で、世界的な物価上昇はベトナムへの脅威でると予測している。

 

これは、世界銀行ベトナムGDP成長率を5.3%と判断した4月の予測を上回った、と火曜日に発表された報告で述べた。

 

GDP成長率予測は、フィリピン(6.5%)やマレーシア(6.4%)、インドネシア(5.1%)を上回った。

 

アジア太平洋地域におけるGDP成長率予測

 

世界銀行は、中国の予測を5%から2.8%に下げた。

 

中国以外の東アジアおよび太平洋地域の開発途上国は、昨年の2.6%から今年は5.3%に加速すると予測されている。

 

世界銀行の報道発表によると、同地域の成長は、国内需要の回復や新型コロナ関連の制限緩和が牽引したという。

 

同地域の生産量の86%を占める中国は、厳しい防疫措置が経済活動に影響を与えている。

 

しかし、世界経済の低迷により、同地域の農産物や製品の輸出に対する需要が弱まり始めている。

 

海外の物価上昇率金利の上昇を引き起こし、その結果、一部の東アジアや太平洋諸国で資本流出や通貨下落が起きた。

 

これらの要因により、債務返済の負担が増大し、財政余剰は縮小して、新型コロナの影響を受けた国々に大きな債務負担が生じている。

 

世界銀行 東アジア・太平洋地域のエコノミスト、アディティア・マトゥー氏は「政策立案者は、物価上昇と景気回復支援の間で厳しい妥協点に直面している」と述べた。

 

食糧や燃料、金融などのより良い政策は、成長に拍車をかけ、物価上昇を防ぐだろう付け加えた。

 

ベトナムの来年度のGDP成長率は6.7%と予測されており、依然として同地域で最も高い。

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

関連記事:

e.vnexpress.net

【翻訳記事】キューバ首相 5日間のベトナム訪問はじまる

記事:ゴック・アイン 2022年9月29日|午前10時15分(ハノイ

2022年9月29日、ハノイのノイバイ空港でキューバのマヌエル・マレロ・クルス首相(右)を出迎えるのタン・ヴァン・ソン・ベトナム政府官房長官(左)(写真:Vietnam News Agency)

 

キューバのマヌエル・マレロ・クルス首相は、5日間の日程でベトナムを公式訪問するため、水曜日の夜にハノイに到着した。

 

Vietnam News Agencyは、首相は滞在期間中にハノイホーチミン市で開かれる一連のイベントに出席し、ベトナム指導者との会談を行い、いくつかの2国間協定に調印することが期待されていると報じた。

 

今回の訪問は2019年に首相就任して以来、中南米諸国以外を訪問するのは初めてのことで、キューバの上級指導者の訪問は2018年以来である。

 

ベトナムキューバは、キューバ革命が起きた2年後の1960年12月に外交関係を樹立した。

 

キューバは毎年、ベトナムから30〜40万トンの米を輸入している。

 

一部のベトナム企業が、キューバ国内の工業団地のインフラや建設資材の製造、洗浄剤などに投資を行なっている。

 

新型コロナ禍では、キューバベトナムに500万回分のワクチンの提供と医療チームを派遣した。

 

昨年9月にはグェン・スアン・フック国家主席キューバを訪問し、新型コロナが流行して以来初めてキューバを訪れた国家元首であった。

 

関連記事

e.vnexpress.net

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

e.vnexpress.net

【翻訳記事】ホイアン 清掃を手伝う外国人旅行客

2022年9月29日−17:26

中部地域を旅する予定だった旅行客たちは、巨大台風「ノルー(Noru)」によりホイアンに足止めされた。

ホアイ川に架かる橋の清掃を手伝う外国人旅行客。(写真:vietnamnet.vn)

 

外国人旅行客のグループは、巨大台風「ノルー(Noru)」が過ぎ去り冠水した水が引いた水曜日に、地元住民に加わってホアイ橋に架かる橋に沿ってゴミの処理や溜まった泥を取り除く手伝いをした。

 

雨が止み空が晴れると、外国人旅行客は街を探索するため冠水した通りに集まってきた。ベルギーから来た5人組は、折れた枝木やゴミを集めて地元住民を手伝った。

 

中部地域を旅する予定だった旅行客たちは、巨大台風「ノルー(Noru)」によりホイアンに足止めされた。

 

ホイアンの街の清掃を手伝うベルギーからの旅行客。(写真:vietnamnet.vn)

 

旅行客は「私たちが橋の清掃を少し手伝えば、水が捌けて街は再び綺麗になります」語った。

 

他の旅行客は「この街に来て初日です。とても美しい街で、街の住民たちはとても親切なので、お返しに何かしたいと思いました」と話した。

 

冠水した水は引きはじめたものの今後数日間は増水すると予測されている。(写真:vietnamnet.vn)

 

ホイアンの水位は今後数日間は上昇すると予測されており、多くの地域が危険にさらされている。−VNS

【翻訳記事】ホイアン 台風に見舞われた外国人旅行客

記事:タイン・トゥイ、ゴック・タイン、グェン・クイ 2022年9月28日|午後2時29分(PT)

台風「ノルー(Noru)」が弱まった水曜日の朝、ホイアンを訪れた外国人旅行客たちは通りに出て、一風変わった角度から旧市街を探索していた。

 

ホイアンにあるアンホイ橋は、トゥボン川の水位上昇により冠水した。台風「ノルー(Noru)」は、水曜日の午前1時に、最大風速133kphで、ダナンとその隣でホイアンのUNESCO文化遺産があるクアンナム省に上陸した。 水曜日の午後の時点では、台風はラオス上空で熱帯低気圧に発展した。

 

 

水曜日午前9時頃に雨は上がり、徐々に空が晴れると、外国人旅行客は洪水の中を歩いて写真を撮っているが、レストランや屋台は閉鎖されたままである。

 

 

強風で倒れた枝木の横を通る旅行客。多くの外国人旅行客は、ホテルで一日過ごしたあと、新鮮な空気を吸うために外に出かけたいと話した。

 

 

古い家や黄色の壁、ホイアンの特徴的なブーゲンビリアの花などの写真を撮る代わりに、ベトナムを襲った過去20年間で最大の台風の一つに魅せられていた。 オーストラリアから訪れたキム・チャップリンさんは、VnExpress Internationalに対し、ホイアンの状況は「穏やか」であると答えた。 「道路上には多くの枝木があり、停電は今日遅くまで復旧されません。」 「多くの道路が冠水していて、十分な旅行ができるか確信が持てないので、私たちは市内を遠くまで移動することができません」と語った。 彼女の夫と2人の子どもたちと旅行しているチャップリンさんは、日曜日の夜にホイアンを離れる予定で、状況が早く良くなって観光に出かけられることを望んでいる。

 

 

冠水した道を渡る地元の男性のバイクを押すのを手伝う外国人旅行客。

 

 

ベトナム中部では、毎年10月下旬から1月にかけて台風シーズンに差し掛かり、外国人旅行客は旧市街を一風変わった角度から体験することができる。

 

 

ホイアンの一部の通りは冠水したままであるが、旅行客の外出は許可され、暴風雨の影響で一時中断されていた観光もまた再開された。

 

 

冠水した水が引いたあと、ホイアンにあるランタンが釣られた通りを歩く外国人旅行客の団体。 オーストラリアから訪れたヴァン・カルケン ペトルス・ヨセフスさんは「空気が新鮮でとても気分が良いです。ベトナムには何度も訪れていますが、今回のような嵐に見舞われるのは初めてのことでした。昨晩は、ずっとホテルの中にいました。停電が続きましたが、雨と強風は私たちのグループの気持ちまで吹き飛ばすことはできませんでした。」と語った。

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net

【翻訳記事】ベトナム国家主席 日本の天皇陛下と会見

VNA – 2022年9月28日(水)14:47

9月28日、グェン・スアン・フック国家主席は、安倍晋三元首相の国葬に参列するための日本訪問にあわせ、東京都内で天皇陛下と会見した。

9月28日、東京都内で天皇陛下と会見するグェン・スアン・フック国家主席(右)(写真:VNA)

 

東京(VNA)− 9月28日、グェン・スアン・フック国家主席は、安倍晋三元首相の国葬に参列するための日本訪問にあわせ、東京都内で天皇陛下と会見した。

 

主席は、安倍氏が亡くなられたことに弔意を示し、元首相への特別な思いや献身、両国の友好関係を加速させるための尽力、とりわけ2014年の平和と繁栄のための広範な戦略的パートナーシップへの二国間関係の格上げなど、これを維持して促進させる必要がある貴重な遺産であると述べた 。

 

すべての分野における広範な戦略的パートナーシップの活発で包括的かつ実質的な発展、人的交流の増加、特に新型コロナ禍での困難な時期における相互支援を高く評価した。

 

ベトナムにワクチンや医療物資を提供してくれた最初の国である日本の援助に謝意を述べた。

 

主席はまた、2023年の外交関係樹立50周年にあわせて天皇皇后両陛下のベトナムへの訪問を歓迎するグェン・フー・チョン党書記長の言葉を伝えた。

 

天皇陛下は、両国関係の繁栄に喜びを表明されると共にベトナムと日本の友好関係を非常に重視しておられ、二国関係に尽くしていくことを表明されました。

 

陛下はまた、特に外交関係樹立50周年を迎える年に、文化や人的交流を通じて、両国の人々の間の相互信頼と理解を高める重要性を強調された。

 

VNA

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

en.vietnamplus.vn

【翻訳記事】日本 安倍氏に別れを告げる

記事:ロイター 2022年9月27日|午前12時31分(PT)

 

日本の安倍晋三元首相の妻である安倍昭恵氏は、2022年9月27日(火)に東京の日本武道館で行われた夫の国葬で祭壇に献花しておじぎをした。(写真:ロイター/Eugene Hoshiko)

 

55年ぶりに執り行われた国葬で、日本は献花や追悼、19発の弔砲と共に、殺害された安倍晋三元首相を称えた。

 

国葬は日本時間午後2時に始まった。安倍氏の遺骨が昭恵氏に抱えられながら東京の中心にある日本武道館に到着し、儀仗隊による音楽と弔砲が会場に響き渡った。

 

安倍氏の死を弔う数千人規模の献花者が、早朝から会場近くの指定された場所に殺到し、最後の別れを告げた。

 

テレビの報道によると、数時間で約1万人が献花し、3時間待ちの列ができていたという。

 

「意見が分かれて国葬に反対する人が多いことは知っていますが、花を手向けるために列をなす人が大勢いました。」

 

国葬が実際に行われるようになり、多くの人が安倍氏のために祈りを捧げに来ていると感じました」と、東京都在住で主婦のコジマ・ヨシコさん(63)は語った。

 

コンサート会場としてよく知られている武道館の中では、緑や白、黄色の花々で埋め尽くされた式壇の上に、黒色のリボンで覆われた安倍氏の大きな遺影が掲げられた。

 

近くの壁には、G7のリーダーと談笑しながら歩く姿や、子どもたちと手を取り合う姿、被災地を訪れた生前の写真などが飾られていた。

 

黙とうに続き、安倍氏の政治家人生を振り返る映像が流れ、岸田首相や、安倍氏の後任で岸田首相の前任を務めた菅元首相など与党の主要人物らが追悼の辞を捧げた。

 

菅氏は友人代表の弔辞の中で、多くの20代や30代の人が献花に訪れていたと述べた。

 

「あなたはいつも良い日本をつくりたい、若い人たちに希望を持たせてあげたいと言っておられた」と声を震わせながら語った。

 

分断した日本

日本で最も長く首相を務めた安倍氏は、スキャンダルに悩まされ、分断をもたらした。

 

ナショナリストとして知られる安倍氏は、中国への懸念が高まる中、防衛力の抜本的強化を推し進めるなど先見の明があると見なされる一方で、タカ派すぎるとの批判もあった。

 

米国のカマラ・ハリス副大統領やインドのナレンドラ・モディ首相を含む少なくとも43人の現職や元政府関係者など、国葬にはおよそ4,,300人が出席すると予想されていた。

 

警察の取り調べで、旧統一教会によって家族が貧困に陥れられたことに恨みを持つ容疑者による、手製の銃で銃撃につながった警備上の失態を避けるため、2万人の警察官が配備し、近くの道路を封鎖して一部の学校が休校となった。

 

殺害された数日後には家族葬が執り行われたが、今回の国葬は1967年の吉田茂元首相以来であった。

 

岸田首相は国葬の決定を、安倍氏の功績を称え、民主主義を守るためだと説明しているが、日本国民の間では意見が分かれている。テレビ朝日の最近の世論調査では、国葬の開催に賛成と答えた人はわずか30%に対し、反対は54%であった。

 

首相はまた、国葬の理由として外交を行う機会を挙げ、月曜日の夜と火曜日の朝に各国首脳との会談に費やした。

 

安倍氏の伝記の著者であり、政治評論家のトバイアス・ハリス氏は、最近明かされた旧統一協会に関する事実がなくとも、大多数の日本人が国葬安倍氏を称える状況を想像することは難しいだろうという。

 

安倍氏は論争をたいていは歓迎し、それを招いた張本人でもあり、彼の使命は長期にわたる議論や一連のコンセンサスを覆すことでした。」

 

多くの日本人は「彼が覆したかった戦後レジームを受け入れている」とハリス氏は述べた。

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net

【翻訳記事】越日首脳会談 安倍元首相への弔意示す

記事:フェン・レー 2022年9月26日|午前5時34分(PT)

 

ベトナムのグェン・スアン・フック国家主席は日本の岸田文雄首相と会談し、安倍元首相の逝去に対して弔意を表した。

 

フック主席は、東京で行われた岸田首相との会談の中で、安倍氏は偉大であり、ベトナムの真の友人でもあると述べ、二国間の関係改善への貢献に対して謝意を表明した。

 

ベトナム外務省の声明によると、岸田首相は、ベトナムが元首相を称賛し、敬意を払っていることに感謝の意を伝えたという。

 

両首脳は、新型コロナウイルス後の経済回復において、ベトナムへの新しい時代にあった政府開発援助(ODA)や、高度な人材開発、ベトナムの工業化への支援などの優先課題に焦点を当て、協力を深めることで合意したと述べた。

 

2022年9月26日、東京で岸田首相(右)と会談するグェン・スアン・フック国家主席(左)(写真:Vietnam News Agenncy)

 

岸田首相は、ベトナムからの入国後の検疫と隔離を引き続き緩和することに併せて、外交および公用ビザの免除措置の再開についても言及した。

 

岸田首相は、日本政府は日本での外国人労働者受け入れに関する政策強化の措置を講じており、それにより国内のベトナムのコミュニティは恩恵を受けていると述べた。

 

フック主席は、衆議院議長細田博之氏や参議院議長の尾辻秀久氏とも会見した。

 

衆参両議長は、フック主席の国葬出席は、安倍氏に対するベトナムの敬愛と敬意を表す特別な表意であると述べた。

 

フック主席は政府高官代表団を率いて、日本で最長の首相在任期間を務めた安倍氏国葬に出席するため、4日間(9月25日〜28日)の訪問をする。

 

安倍氏は7月8日に、奈良市で演説中に暗殺された。容疑者の山上徹也容疑者(41)は、手製の銃で安倍氏の背後から2発撃った。安倍氏は搬送先の病院で亡くなった。

 

安倍氏は日本の首相として、これまでベトナムを4度訪問し、2006年にハノイで開催されたAPEC首脳会談への出席が初訪問となった。

 

安倍氏が2012年末に首相再選後、初の外遊先としてベトナムを訪問した。

 

関連記事:

kaiseiworld66.hatenablog.com

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net