Kaisei World News

Hello, world!

【翻訳記事】P&G 環境にやさしい学校備品を寄贈

記事:フォン・ヴァン 2022年12月12日|午前10時00分(GMT+7)

 

P&Gは、ベトナムベンチェ省にある6つの学校に、生産過程で出た廃材をリサイクルして作られた学校備品を寄贈する「夢に向かってグリーン化」と名づけられた社会事業を行っている。

 

テーブルやベンチ、本棚などを含む備品は、12月6日と7日に、ファムチエム中学校をはじめ、チェウホック第二小学校、フオンミー第一小学校、ホアロイ小学校、フンレー中学校、アントゥアン中学校に贈られた。

 

さらに、各学校には教育や学習活動用に新しいテレビが提供された。また、2,370を超える文房具セットが、南部の学生や恵まれない子どもたちに寄贈された。

 

P&Gが寄贈したテーブルとベンチで本を読む生徒たち(写真:P&G)

 

一部の学校では、P&Gのスタッフと生徒たちが一緒に、古くなったプラスチックのボトルに苗を植え、植木鉢を装飾し、カラーコラージュを楽しんだ。

 

ビンダイ地区にある、ホアロイ小学校のドアン・ヴァン・オン校長は、「教室や教育設備、施設が不足が不足しているため、生徒たちは課題活動を楽しむ機会がありません。これは持続可能な環境への理解と廃棄物を再利用する方法を学ぶことを助ける機会でもあります。

 

グループワークをする児童たち(写真:P&G)

 

寄贈式で、同社のチャン・フィン・ヴー代表は、子どもたちに笑顔と幸せを届けることができて嬉しく、このプロジェクトが彼らに環境保護の意識を持たせられることを願っていると語った。

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net

【翻訳記事】ホーチミン市 1年ぶりに大晦日の花火を打上げへ

記事:タイ・アイン 2022年12月2日|午前10時18分(GMT+7)

ホーチミン市の夜空を彩る花火=12月31日(写真:VnExpress/フー・コア)

 

ホーチミン市は、新型コロナウイルスの影響で中止していた大晦日の花火の打ち上げを、1年ぶりに再開する。

 

花火は、12月31日にグェンフエ通りで行われるカウントダウンイベントに続いて、1区と2区を繫ぐトゥーティエムトンネルで打ち上げられる。

 

昨年、南部の大都市では、大勢の人が密集するのを防ぎ、ポストコロナの回復に集中するために、毎年恒例の花火や娯楽イベントなどを含む大晦日の催しを中止した。

 

旧暦にあたる正月休暇には、ホーチミン市は1月19〜26日に市庁舎の前にあるグェンフエ通りのフラワーロードを例年通り開放し、旧暦の大晦日にあたる同月21日にも花火を打ち上げる。

 

政府は、2023年1月20〜26日の7日間を旧正月休暇の期間にすることを承認した。

 

ホーチミン市は、観光再開を盛り上げるために、12月8〜11日にグェンフエ通りで熱気球の展示を行う計画をしている。

 

同市は今年、350万人の外国人観光客を受け入れると予想している。コロナ前の2019年には、1,000万人の外国人観光客が訪れた。

 

関連記事:

e.vnexpress.net

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net

【翻訳記事】ベトナム 最高のバインミーを探し求めて

記事:ディエップ・トゥ 2022年12月10日|午後5時(GMT+7)

 

英国人旅行者のローズさんは、ベトナムの北から南への3か月間の旅の中で、何個食べたのか思い出せないくらいパンを食べたという。

 

しかし、ベトナム中部のホイアン旧市街で食べたバインミーがとても美味しかったという。

 

ベトナムでの3か月間、バインミーをたくさん食べました。」「もしベトナムに2週間しかいなかったとしても、バインミーを食べることを勧めます」とローズさんは話した。

 

バインミーは、中にパクチーやキュウリ、ニンジンやダイコンのピクルスなどの生野菜を入れ、パテやマヨネーズなどのフランス料理に使われる調味料と合わせたベトナムスタイルのサンドイッチである。

 

しかし、他にもチャルア(ベトナムスタイルのハム)や目玉焼き、焼き豚やミートボールなど多種多様な人気の具材が使われている。

 

フルトッピングのバインミー1個で、VND15,000〜50,000(≒約88〜184円)ほどである。

 

「街角のカートでバインミーを販売している伝統的な店や、サブウェイのようなチェーン店のお店もあります。好き嫌いがある人でも、きっとお気に入りのバインミーを見つけることができると思います」とローズさんは話した。

 

ベトナム北部のサパを旅するローズさん(写真提供:Rose)

 

ハノイ旧市街を訪れ、ローズさんは、バインミー専門店の多さに驚き、一番美味しい屋台を探すのは難しいという。しかし、彼女の友人が ハノイで最も有名な住所の一つであるメゾンドリエン屋台(Maison de Lien stall)をオススメしてくれたという。

 

「私が食べたバインミーは小さめでしたが、サイズが足らなかった分、風味がそれを補ってくれました。お肉がいっぱいで、なめらかなパテが美味しかったです。」「中に入っている野菜はパクチーだけで、私はあまり好きではないので、もし新鮮な野菜のバインミーを食べたければ、ここではないと思います。」

 

「パテのコクでバターの味はあまり感じれなかったですが、美味しかったと思います。総合的に見てハノイバインミーの激戦区で、食べるには最高の環境です。」とローズさんは話す。

 

ローズさんは、他にもバインミー25(Banh mi 25)やシンハノイSinh Hanoi)、チャム・バインミー(Tram banh mi)などのお店をオススメしている。

 

外国人観光客が多いホイアンでは、ローズさんはベトナムで一番のバインミーを見つけたという。

 

「ある日の夜、ホイアン・グルメツアーで、その日4回目の食事としてマダムカーン(Madame Khanh)に連れて行ってもらいました。」「とても美味しかったです!パンの表面が硬いそのバインミーは、肉とパテ、野菜とソースがぎっしり詰まっています。すべてがちょうどいい量で、本当に美味しいです!」とローズさんは話す。

 

ベトナムホイアンの旧市街にあるマダムカーン(Madame Khanh)のバインミー(写真提供:Rose)

 

このレストランは50年間変わらず、オーナーのグェン・チー・ロックさんが考案した様々な種類のバインミーがある。

 

「まさにバインミー王でした!オーナーは、最高のバインミーを作るのに人生を捧げています」とローズさんは話す。

 

「どうやら、オーナーは、バインミーを食べて満足したお客さんからもらった手紙を壁に貼って残しています。それは素晴らしい壁でした。」

 

彼女は、ホイアンで数か月間過ごしたあと、ホーチミン市に移った。様々なローカル料理を試し、バインミーはそのうちの一つだという。

 

ベトナム旅行中、ホーチミン市で過ごした時間は少なかったため、ローズさんは同市1区のレーチーリエン通りにある、南部の大都市で最も価格が高い、一つ3ドル(≒約400円)でバインミーを提供するお店として有名なフィンホア(Huynh Hoa)の屋台にしか行けなかったという。

 

ローズさんのお気に入りの都市は、魅力的でありながら慌ただしい旧市街と、素晴らしい料理とコーヒーがあるハノイだと話す。

 

「ですが、私はサイゴンの大ファンでもあり、ベトナムは都市生活だけではないと言っても過言ではないと思います。」

 

ハロン湾やサパやフエなどの場所も、ベトナムを探検すべき自然と文化のワンダーランドにしています」と表現した。

 

e.vnexpress.net

 

【翻訳記事】ベトナム・韓国 両国関係を格上げ

記事:ヴー・アイン 2022年12月5日|午前7時20分(PT)

ソウルで行われた記者会見で尹錫悦(ユン・ソギョル)韓国大統領と握手を交わすグェン・スアン・フック国家主席(左)=2022年12月5日(写真:Vietnam News Agency)

 

グェン・スアン・フック国家主席は月曜日、ベトナムと韓国は、二国間関係を包括的戦略パートナーシップに引き上げたと述べた。

 

フック主席は、尹大統領との会談後に行われた記者会見で「明るい未来を見据えて、両国は二国間関係を包括的戦略パートナシップに格上げすることを決めた」と発表した。

 

30年にわたる外交関係を振り返り、両首脳は越韓協力が広範かつ有意義な成長の一里塚を急速に遂げたことで意見が一致した。

 

2012年に戦略的パートナーシップを確立して以来、両国は重要な相互関係国して成り立っている。

 

尹大統領は、フック主席は大統領就任後「初めての国賓」であると述べた。

 

二国間貿易と投資協力は、過去30年間で大きく成長し、両国国民は「兄弟であり、親しい隣人」であると表現した。

 

越韓関係を向上させる包括的戦略パートナーシップは、二国間協力の新たな章の始まりであると付け加えた。

 

記者会見で、両首脳は、2023年までに双方向の貿易額を1,000億ドル、2030年までに1,500億ドルに増やすことを再確認した。

 

フック主席は、韓国企業が引き続き技術移転を強化し、エレクトロニクスやインフラ開発、複合型地域開発やグリーン工業団地、スマートシティなどへの投資を促進させると述べた。

 

両国は、相手国で働いている自国民がその国の法律を遵守し、安全で安定した生活が送れるよう協力することで一致した。

 

両首脳は、1982年に発行された国連海洋法条約(UNCLOS)に基づき、南シナ海の呼称で知られている東海における安全と安定、航行と飛行の自由を確保することを主張した。

 

両首脳はまた、国連安保理決議に沿って朝鮮半島の非核化目標に向けて取り組むことでも合意した。これは世界と地域の平和と安定、成長を促進するだろうと述べた。

 

12月4日から6日の3日間の韓国訪問の間、フック主席は、CJやロッテ、LG、デウ建設、ヒョンデ自動車など、ベトナムに投資している多くの主要な韓国企業と面会した。

 

主席は、国内でビジネスを行う投資家にとって最高の投資環境とインフラが整備されていることを強調した。

 

ベトナムと韓国は、1992年に外交関係を樹立し、2009年に戦略的協力関係に格上げされた。

 

韓国はベトナムにとって最も重要なパートナーの一つであり、投資で1位、ODA投資額は日本に次いで2位、貿易額は中国と米国に次いで3位である。

 

ベトナムにとって韓国は台湾に次いで2番目に大きな労働力の送り出し先国で、同国で働くベトナム人は約4万8,000人である。

 

韓国入国管理事務所によると、韓国では約21万6,000人のベトナム人が住んでいる。

 

関連記事:

e.vnexpress.net

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net

【翻訳記事】W杯 カタール在住ベトナム人への恩恵

記事:ゴック・アイン 2022年12月1日|午後3時23分(PT)

W杯カタール大会のスペイン対ドイツ戦を観戦するためにドーハのファンゾーンに集まったファンたち=2022年11月27日(写真:AFP)

 

W杯はお金を稼ぐチャンスでありながら、割引セールや労働時間の短縮など、カタール在住のベトナム人にとっては千載一遇の機会である。

 

11月20日に大会が開幕して以来、主婦をしていたガーさんは多忙なツアーガイドに転身した。

 

彼女は1日15時間働き、その仕事が大変なこは承知の上で、「退屈な」日常生活に冒険を与えてくれたので満足しているという。

 

そして彼女は、生活を一変させたというその機会で、家族のために臨時収入を得ている。

 

ガーさんは「多くのサッカーファンや観光客がカタールに来ています。現地在住でツアーガイドになりたい人を対象に無料の講習会が開かれていました。」と述べた。

 

この仕事は彼女にとって楽な仕事だが、体力的にはきついという。

 

「ある時には深夜に観光客を迎えに行き、帰宅すると午前3時半で、また午前8時半から深夜まで働きます。」

 

「2時間しか寝られない日もあります。」「でも難しい仕事だとは思っていません」と彼女は続けた。

 

ガーさんは、W杯開催中にお金を稼ぐためにカタールで働く移民労働者のうちの1人である。

 

カタール在住のアンさんは、W杯が開催される前にベトナムレストランでの新しい仕事を見つけていた。彼によると、現在は混みすぎているため、定期的に客に入店を断っているという。

 

アンさんは、120〜150万人の観光客がW杯を観戦するためにカタールを訪れると推測する。その数はカタールの人口の半分に相当する。

 

そして、地球上で最大のスポーツの祭典に向けて、カタールが世界中から3万人以上の移民労働者を雇う必要があった。その中には、巨大な5つ星スタジアムを建設するために雇われた数百人のベトナム人が含まれている。

 

カタールで働くベトナム人の一般的な月給はおよそ1,800〜2,800カタールリアル(≒ 66,000円〜100,000円)である。責任者や現場監督になると、月額4,000カタールリアル(≒ 148,000円)またはそれ以上もらうことができる。

 

ガーさんやアンさんのように副収入を得る機会がないにもかかわらず、カタール在住の他の多くのベトナム人たちは、W杯開催中のみに存在するあらゆる特典を楽しんでいる。

 

アンさんの夫は会社員で、給料はそのままで就業時間が短くなったという。通常では8時間働くところ、午前の4時間だけ働き、午後からはW杯を観戦するために休みになるという。

 

「政府は、ラッシュの時間帯の道路の混雑を避けるため、国有企業の従業員の就業時間を減らしています。」

 

「政府は、労働者が通常通りの時間で働けば、午後4時から始まる多くの試合の時間帯に交通渋滞が起きることを懸念しています。そのため大会開催中は、同じ給料で、午前11時まで働けばいいのです」と彼は述べた。

 

優待価格

アメリカの経済雑誌フォーブスによると、グループステージの観戦チケット価格は70〜220ドル(≒ 9450〜29,700円)、決勝トーナメントのチケット価格は600〜1,600ドル(≒ 81,000〜216,000円)であるという。多くの人たちは、チケットやホテルを予約するために何か月も何年も節約して過ごさなければならなかった。

 

しかし、現地在住のロンさんによると、カタールに住んでいるベトナム人は、他のカタール人と比べて通常の4分の1の価格で観戦チケットを購入することができるという。

 

彼は「妻と子どもたちと試合を観戦するため、1か月の休みを取りました」と話した。

 

カタール在住のおかげで、ロンさんの4人家族は、10試合分の観戦チケットを総額1億ドン(≒ 540,000円)以下で購入できたという。それは彼の月収の半分に相当する。

 

現地在住のベトナム人によると、これほど道が賑やかになったことはないという。

 

「道のあちらこちらで観光客や顔にペイントをしたサポーターがいて、代表チームのユニフォームを着て歓喜に溢れています。」「それは最高に楽しいです」とアンさんは話した。

 

アンさんの内縁であるクアンさんにとって、このイスラム教の国で住み、働いてきた10年間のなかで最高の時だという。

 

カタールではこれまで酒類の販売は禁止されてきましたが、W杯に向けて販売を行なっています。」「10か所のファンゾーンが設けられています(飲酒が認められている場所)」と彼は嬉しそうに語った。

 

ガーさんは、彼女の母国から来た多くの人々の気持ちに共感し、「このW杯開催期間中に働く機会をもらい、カタールに住めたことを非常にラッキーで、幸せを感じています」と話した。

 

関連記事:

e.vnexpress.net

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net

【翻訳記事】ベトナム 絶滅危惧種のウミガメを保護

2022年11月29日 18:27

ベトナム中部のクアンチ省で木曜日、地元漁師の漁網に誤って捉えられた体重70キロのウミガメが海に戻された。

 

健康状態の確認と追跡タグを装着して海に戻されるウミガメ(写真:VNA/VNS)

 

クアンチ省ベトナム中部のクアンチ省で木曜日、地元漁師の漁網に誤って捉えられた体重70キロのウミガメが海に戻された。

 

クアベト港の国境警備隊と地元当局が協力してウミガメを海に戻した。

 

国境警備局統制委員のグェン・ヴァン・アイン1等隊員によると、ウミガメが発見された日の早朝、地元漁師のグェン・ヴァン・ドゥックさん(50)は、ジオリン地区の9キロ沖合で漁を行なっていた。ウミガメを見つけたドゥックさんは国境警備局に通報し、その後保護された。

 

緊急の対策が必要な絶滅危惧種および希少種に指定されているヒメウミガメは、海に戻る前に健康状態のチェックを行い、追跡タグを装着された。

 

ベトナムでは、ウミガメを違法に狩猟や殺傷、飼育や監禁、また胴体の一部や加工された製品の所有や取引、輸出入などの行為は重大な法律違反であり、最高で15年の懲役が科される可能性がある。ー VNS

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

vietnamnews.vn

【翻訳記事】ベトナム人口 1億人到達目前

記事:レー・ガー 2022年11月28日|午後5時1分(PT)

ホーチミン市内にあるトゥ・ドゥ病院で生まれた新生児=2021年1月(Vnxpress/アイン・トゥ)

 

ベトナム保健省によると、ベトナムの人口は現在約9,900万人で、来年には1億人に到達する見込みであるという。

 

人口・家族計画化総局のファム・ヴー・ホアン副局長は、月曜日の会合で、来年4月頃に1億人目の市民が生まれる可能性が高いと述べた。

 

人口統計総局によると、毎年100万人の新生児が生まれている。

 

ホアン氏は「人口の増加にはさまざまなメリットもあるが、国の社会経済の発展など多くの課題もある」という。主要な課題の中には、家族計画や10代と若者の健康管理あると付け加えた。

 

現在ベトナムでは、15歳から49歳の約2,500万人の女性が出産可能年齢に達している。この数字は、2030年までに2,600万人に増加する見込みで、それに伴い家族計画の必要性が高まっている。

 

特に少数民族コミュニティが居住する主要な地域での家族計画サービスにはさまざまな問題や課題があるが、ベトナム人の67%が避妊するなどの出産制限を行なっている。

 

思春期や性と生殖に関する健康、性の健康、家族計画や性的安全の必要性も政府の課題である。

 

ベトナムの10歳から19歳は1,400万人以上で、全人口の14.4%を占めている。この世代グループの48.3%が女性で、15歳から19歳では660万人、また全人口の6.8%を占めている。

 

ホアン氏は「青年期と若年成人期を迎える彼らは、身体的や精神的にも変化が起こり、新しいことを吸収し、人生の準備をするために自分の性格形成を行う世代であるため脆弱になりやすい」と述べた。

 

保健省は、ベトナムで行われる妊娠中絶の半分が、望まない妊娠を回避するために行われていると述べている。多くの女性が避妊の知識や手段にアクセスできないからであるという。

 

ベトナムにおける子どもと女性のための、持続可能な開発目標に関する研究(2020-2021)において、25歳〜29歳の女性は中絶率が最も高く(平均して1,000人のうち9人)、続いて20歳〜24歳の女性(1,000人中7人)、30歳〜39歳の女性(1,000人中6人)であることを示している。

 

安全ではない中絶は、出血(すべての胚を取り除くわけではないため)や乱暴で不適切な処置による子宮頸部の裂傷など、多くの問題を引き起こすという。

 

2021年から2030年における国家人口戦略では、10代および若年成人世代の意図しない妊娠の数を、3分の2削減したいと考えている。

 

現在、ベトナムの人口は9,900万人を超え、世界で15番目、アジア地域では8番目、東南アジアでは3番目に人口が多い国になった。

 

国連人口基金UNFPA)は11月15日、世界人口が80億人に達したと報告した。

 

関連記事:

e.vnexpress.net

 

【翻訳編集】Hải Tình

 

原文:

e.vnexpress.net